センター試験の国語2桁からの巻き返しで国立大学合格|浜松地区の高校生・大学受験の個別指導学習塾ならアシスト数学塾

浜松地区で高校・大学受験の個別指導学習塾をお探しならアシスト数学塾へ

お気軽にご相談ください

0534570600

お問合せ(無料体験入塾)

LINE

塾だより

センター試験の国語2桁からの巻き返しで国立大学合格

お知らせ

2009.06.25

 F君が当塾に入ったのは中3生の夏休みのとき、A君の父親からの紹介で入ってきました。

 最初の感想は、本来の力とテストの結果との差が大きすぎる。当時のF君の成績だと市内の進学校には合格しそうもない成績。

 そこでまず自信を付けさせることから始めたら、徐々にテストの結果も出て、12月の学力調査の試験の時には2~3番手に入る進学校に進学出来るまでになりました。しかし、内申書の関係で、ワンランク下げました。
 
 F君は高校生活は十分にenjoyしていた分成績は今一つ。しかし、数学と物理はそこそこ出来たのです。

 そんな中、大学入試を迎えました。国語以外は平均点前後の点数を取ったのですが、国語はまさかの二ケタ(200点満点)

 F君の希望は地元の国立大学の工学部、しかし予備校のセンターリサーチでの判定はあまり芳しくありません。

 そこで学校の先生は他の大学を勧めてきます。机上論ですね。先生の勧めた大学の二次試験には英語がありますが、地元の国立大学の二次試験は数学と物理と英語。

 まさかの結果だった国語は入っていません。私はF君の二次力を知っていますから、「力をしっかり出せば、合格可能性は十分にあるよ!」と伝えると、彼はすでに関西大学に合格していたので、自信は持っていました。

 そして、その自信の通りに見事に国語の二ケタを巻き返して合格しました。センターリサーチの判定を鵜呑みにしてたら、最悪の結果を招いた可能性もあります。

 皆さん、模試の判定なんか信用したら痛い目にあいますよ。模試を主催している所にしてみれば、浪人してくれれば、お客さんになってくれるわけですから!

無料体験入塾受け付け中