特待生制度|浜松地区の高校生・大学受験の個別指導学習塾ならアシスト数学塾

浜松地区で高校・大学受験の個別指導学習塾をお探しならアシスト数学塾へ

お気軽にご相談ください

0534570600

お問合せ(無料体験入塾)

LINE

塾だより

特待生制度

お知らせ

2020.08.01

当塾には、特待生の制度はありません。その理由は、特待生の月謝を他の生徒に負担させたくないからです。そもそも成績が優秀だから特待生にするという意味が分からない。成績が優秀で家庭が貧しいとかなら、まだわかるのですが、多くの特待生の家庭は裕福です。特待生の制度がある塾や予備校は、その生徒に難関校に合格してもらい、それを餌に他の生徒を釣る為に特待生の制度があるようです。

つまり、特待生の制度がある塾や予備校に通う生徒は、特待生の生徒の月謝も負担していることになります。月謝の数パーセントは特待生の生徒の分です。多くの人が誤解していますが、特待生の月謝は塾や予備校が負担しているわけではありません。他の生徒が負担しているのです。何故なら全員が成績優秀な特待生なら月謝収入は0になり、経営が成り立っていきません。特待生になれない生徒が欲しいのです。

特待生の月謝を負担してくれる生徒を入学させるためには、3月頃に新聞に掲載される合格者が必要です。そうなのです。その数を確保するためには、どうしても特待生が必要なのです。そして特待生になるような優秀な生徒を引き留めておくためには、難度の高い授業や模試が必要になります。すると、東大や京大の入試にも出題されないような難度の高い内容の授業や模試を実施しなければいけません。それらの模試で高得点を取るためには授業に出なければいけない。

出るわけないような問題が出来ようと出来まいと関係ない気もしますが、その辺は出来る生徒の心理を知り尽くしている人たちが経営してますから抜かりはないようです。そして出来る生徒に引かれるように、そうでもない生徒が入っていきます。

お前の塾でも、合格実績を出してるじゃないか!とご批判もあるようですが、当塾の合格実績は、まさに合格実績です。出来る生徒だけを選んでいるわけでもないし、入塾テストもやっていませんし、ごく一部の生徒を除いては当塾に入ってから出来るようになって合格した生徒ばかりです。ここが大手の塾や予備校と違うところです。大手はごく一部の生徒を除いては最初から出来る生徒です。全く逆です。

高校2年まで当塾にいて、大手の塾・予備校の特待生になったからということで塾をやめていった生徒もいます。特待生になるまで出来るようになったのは塾のおかげだと思うのですが、ドライな生徒はそう思わないようです。それらの生徒の合格実績は大手の塾や予備校には掲載されますが、当塾には掲載されません。それらをひっくるめての合格実績です。

無料体験入塾受け付け中