異能者たち  その2|浜松地区の高校生・大学受験の個別指導学習塾ならアシスト数学塾

浜松地区で高校・大学受験の個別指導学習塾をお探しならアシスト数学塾へ

お気軽にご相談ください

0534570600

お問合せ(無料体験入塾)

LINE

塾だより

異能者たち  その2

お知らせ

2015.07.18

 異能者たちを伸ばすにはどうすればいいのか?

 これは褒めるにしくはなしです。つまり褒めることが最上です。他の所が目に余ることがあっても、他人に迷惑さえかけていなければ、あるいは多少の迷惑がかかっていても、そこについてダメ出しをせずに、良い点を褒めることです。

 ダメ出しをされると異能者たちは萎縮をしてしまい、本来の能力を出せなくなります。実は、過去にも本来の能力が出せなくなってしまった人は大勢いるのです。何故そのようなことが言えるかと言うと、異能者たちで能力を発揮できている人たちは名前が残っているからです。アインシュタインしかりファラデーしかりです。エジソンもそうです。名前が残っている異能者たちの特徴は、その能力を認めてくれた人がいることです。その他の異能者たちの中で、才能を発揮できずに人生を終えてしまった異能者は大勢いるのではないでしょうか。

 ファラデーの師匠であるハンフリーデビーという学者の最大の功績はファラデーを発見したことだと言われているくらいに、異能者たちを発見するのは困難を極めます。ともかく好きなことしかやらない、そのせいで忘れ物は多いし、約束も忘れるので向上心が無いと追われる。嫌いなことはやろうとしないので、協調性が無いと言われる。思ったことはすぐに言ってしまうので思いやりがないと言われる。それやこれやで、負の面を見ていると、とても付き合いきれなくなります。

 しかし、異能者たちには、特別な才能を持っている人がとても多いのです。興味を持っていることに対しての、抜群の暗記力。しかもそれは長期の記憶の暗記力です。これをいかさない手はありません。また計算に興味を持った異能者の計算処理能力も卓抜したものがあります。

続く

無料体験入塾受け付け中