読書の秋|浜松地区の高校生・大学受験の個別指導学習塾ならアシスト数学塾

浜松地区で高校・大学受験の個別指導学習塾をお探しならアシスト数学塾へ

お気軽にご相談ください

0534570600

お問合せ(無料体験入塾)

LINE

塾だより

読書の秋

お知らせ

2013.11.13

先月、宮城谷氏の「三国志」を読み終えました。毎年1巻ずつで12巻なので12年かかったことになります。1年ぶりに読むので普通なら、筋を忘れてしまうのですが三国志は色々な著者のを読んでいるので、何とかついていけました。宮城谷氏の著作では、まだ「湖底の城」を楽しみに読んでいます。長いと言えば北方謙三氏の岳飛伝も水滸伝・楊令伝からの流れなので、かなり長きにわたっています。

最近はジェームス・ロリンズ氏の著作にのめり込んでいます。ラドラム氏の「シグマ」の作品を継承するような「シグマフォース」のシリーズは最高です。最初は「ロマの血脈」のタイトルから、最近フランスでロマの人に対する差別の話を聞いていたので、ロマというタイトルに惹かれたのですが、読んでみると、とても面白い。書店に行くと帯に「シグマシリーズ全世界で1500万部のベストセラー」とあり、なんだ、こんな有名な作家を知らなかっただけなんだ、でも、何故日本ではこの手の作品がベストセラーにならないのかとても不思議。シグマフォースシリーズだけでも、訳されていないのが4冊もある。ダンブラウンがあれだけ売れたのに、本当に日本人って謎ですね。ジェームスロリンズ超お勧めです。訳を待つのはいやなので、今原書を発注中です。多くの人が読めば、訳はすぐに出ると思います。みなさん読みましょう!

それから今読んでいる、グレートジャーニーの関野さんの「人類滅亡を避ける道」これがとても良いです。高度な内容なのに、読みやすく解りやすい。世の中にはまだまだ優秀な方がたくさんいるんだなあ。そう安心させてくれる本です。

無料体験入塾受け付け中