その3 (中学レベルから国立大学に)|浜松地区の高校生・大学受験の個別指導学習塾ならアシスト数学塾

浜松地区で高校・大学受験の個別指導学習塾をお探しならアシスト数学塾へ

お気軽にご相談ください

0534570600

お問合せ(無料体験入塾)

LINE

塾だより

その3 (中学レベルから国立大学に)

お知らせ

2009.06.06

 いい加減な状態にしておくと、勉強は出来るようになりません。しかし、いい加減な状態にしておいた方が脳は楽です。つまり精神衛生上、知らないことが多いとストレスになりますから、いい加減な状態、つまり知らなくても平気な状態にしておくことが、楽なのです。

 知っていることと知らないことをはっきりさせる。これが暗記するコツです。そこで、次にやらせたのが、都道府県の場所と都道府県庁所在地の暗記です。国名と首都名の暗記も次にやりました。つまり、これは、知っているかどうかが、はっきりしてます。知らないことを自覚するのにちょうど良いのです。

 英単語が身についてない生徒は、解らない単語に出会うと、意味を考え始めます。A君も例外ではありませんでした。解らない単語の意味をじっくりと考え始めるのです。

 知ってる単語なのか、知らない単語なのか、この判断は5秒もかからないはずです。意味をじっくり考えるということは、まさにいい加減な状態にしておいているということです。

無料体験入塾受け付け中